本文へスキップ

SOSカード、SOSハンドブック(AAJD)

SOSカードSOS Cards


【画像】SOSカードの見本

SOSカードについて

SOSカードとは
公共の場や外国人や発話困難者・聴覚障害者の方々が、カードを使って楽にコミュニ ケーションができるためのツールです。
置くと良い場所
公共の場所として、救急病院、消防署、警察署、役所・出張所、図書 館、公園、動物園、水族館,テニス場,プールなど。
使い方
緊急時に、外国人や発話困難者・聴覚障害者と、周りの人たちが、SOSカードに描かれた、図や絵を、メニューの要領で、指し示して、意思疎通を図ります。
対応言語
現在、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語の5カ国語の対応があります。

SOSカードの紹介

■動画による説明


話せるカードSOSカード (映像)

(動画のダウンロードに時間がかかる場合があります)




■カード内容について


SOSカードのご紹介 (パンフレット)

画像のダウンロードはこちらへ




バナースペース

SOSカード、SOSハンドブック(AAJD)お問い合わせ先

SOSハンドブック委員会

mmmszk7117@gmail.com
担当:鈴木